お部屋美人

お部屋美人

そうじはお家のスキンケア

オシャレなインテリアにホコリは似合わないし、清潔が一番

スポンサーリンク

物がないと掃除がラクだと言ってる私ですが、オシャレなインテリアにしたいと小物を飾っていた時がありました。
今でこそ、掃除ラブ!!な私ですが元は掃除できない国の出身…案の定小物がホコリの住みかとなりました。
せっかくオシャレなインテリアにして、ふとしたときに眺めては「うふふ♡」と幸せを感じたいと思っていたのに、実際はホコリが溜まり小物から「だらしないよ」と小言を言われている気分でした。
f:id:soujinista:20160406230351j:plain

誤魔化し癖

その感覚は肌荒れをメイクで誤魔化していた時と同じでした。
私は肌に自信がなく、ファンデーションを塗って誤魔化していました。肌荒れを改善するのにメイクをお休みするのが良いことは分かっていましたが、やめられませんでした。
肌荒れを隠すためにメイクをして、 肌がさらに疲れて荒れていく…悪循環でしかありません。
でも、メイクをしている人の方が美しいという先入観とお化粧品の力を借りてでも肌が美しく見える自分が好きでやめられませんでした。

コンプレックスがなくなるわけではなく、そう錯覚しているだけで根本的な解決にはなりません。その上お肌が荒れている内はファンデーションをずっと買い続けなくてはいけません。ランニングコストをかけてまで肌荒れの手伝いをするなんて、とんだおバカさんです。

居心地の悪さは汚れているから

ところが肌荒れの一件で改めたはずの誤魔化し癖が部屋にも出ていました。
本当は汚れているから部屋の居心地が良くないのに、オシャレな小物を置いて部屋の雰囲気を作りをしないから居心地が良くないのだと思っていました。

我ながら開いた口が塞がりませんが、やはり誤魔化してるうちは物事は解決しないのですね。

掃除ができないことを誤魔化すために小物を置いても、結局はホコリがたまって悪化するだけでした。
だったら素直に掃除するのが一番だと思いましたし、清潔なのが一番居心地が良いのだと実感しました。

オシャレな小物はなくなりましたが、居心地は前よりよくなりました。なんだか居心地が良くないなと思ったら掃除が行き届いていないサインかもしれません。

Copyright © 2016 お部屋美人 All rights reserved.