お部屋美人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お部屋美人

そうじはお家のスキンケア

ミニマリストを目指していたけれど、シンプリストに転向しようと思いました

スポンサーリンク

そうじのしやすさからミニマリストを目指していましたが、シンプリストの方が自分に合っていると思い、シンプリストに転向しようと思いました。

シンプリスト(シンプルな暮らし)に転向しようと思った理由

f:id:soujinista:20160816191857j:plain

まず、ミニマリストとは「最小限の物で生活している人」と定義させていただきます。

 

物がないとそうじがとにかくラクという理由でミニマリストを目指していました。

どこまで減らせるのかチャレンジ中でしたが、お皿の重要性に気付いてからシンプリストを目指そうと思い始めました。

 

soujinista.hatenablog.com

お皿が最低限だと食卓がつまらなくなる

私は凝った料理を作ることもできないし、見栄えの良い盛り付けも勉強中でまだ上手くありません。

そんな状態で最低限のお皿で生活すると食事の楽しみが減ってしまうと感じました。

汎用性の高い白皿は盛り付けセンスを問われる

白いお皿なら何を乗せてもOKですが、盛り付けセンスを問われるのです。

おいしそうに盛り付けられれば問題ないのですが、まだ私にその腕がないので「乗せただけ」に見えて、あまり美味しそうに見えません。

それならば、美味しそうに見える食器をそれなりに持っている方が食事を楽しめると思いました。

最低限にするには自分にスキルが必要

最小限の物で生活しようとすると、自分にそれなりのスキルがないと難しいものがあることが分かりました。

極端な例をあげれば、自分で身体を鍛えられれば補正下着が必要ないのと同じことだと思います。

自分のスキル不足は物で補う

今回、自分のスキルではどうにもならないので物の力を借りることを選択しました。

スキルは一朝一夕で身につくものではないので、物の力を借りて生活豊かにする方が良いなと思いました。

少ないもので暮らす

とはいえ、物をあまり増やすのと管理できないのは分かっているので、なるべく少なく不便にならないわがやの適量を探していきたいと思います。