お部屋美人

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お部屋美人

そうじはお家のスキンケア

お手入れ簡単ランチョンマットのススメ。たった数秒で見栄えも満足度もアップ!

スポンサーリンク

お皿選びの重要性に気付いてから、料理そのものよりも盛り付けやテーブルコーディネートに苦手意識があるのではないかと考えた結果、ランチョンマット最強説に辿り着きました!

 料理が苦手なので盛り付けやテーブルコーディネートをオシャレにするのが恥ずかしかった

私の中で、盛り付けやテーブルコーディネートにこだわるのは料理上手の人がするものという考えがありました。

 

料理が苦手で特別オシャレなものを作れるわけでもないのに、そこにこだわるのはなんだか順序が違う気がして、ずるしている感覚があって恥ずかしかったのです。 

今は何のずるのなかと思うのですが・・・

 

料理は食べるもの。味にこだわってナンボという考えは間違ってはないと思うのですが、より美味しく見せる・食べる工夫も大切だと考えを改めました。

 

▼その時の話はこちら▼

soujinista.hatenablog.com

よりよく見せる努力は大切

テーブルに直置きしたものと、ランチョンマットを敷いたもので比較します。

f:id:soujinista:20161126092303j:plain

直置き

 

 

 

f:id:soujinista:20161126093941j:plain

ランチョンマットあり

 

全く同じパスタでもランチョンマットありのほうが断然おいしそうです!

 

料理の腕を上げるのは時間がかかるけど、美味しく見せるのは数秒でできる

もちろん、美味しい料理を作る努力も大切ですが、同じように美味しく見せる努力も大切です。

 

せっかく作った料理をより美味しく食べれるようにすることは、決して恥ずかしいことではないなと気づけたのは大きな進歩です。

 

何気ないお昼ご飯も、いつもより美味しそう。

f:id:soujinista:20161126093933j:plain

 

別にたいしたものを作れなくても、なんだかOKな気がしてくる。

f:id:soujinista:20161126160255j:plain

「おもてなし感」からくる満足度

この1枚のランチョンマットを敷いたおかげで出てくる「おもてなし感」や「オシャレ感」が、満足度に繋がっている気がします。

自分で作って自分で食べることは幸せではあるのですが、誰かが自分のために作ってくれたという幸せはないので、そこをランチョンマットで補う形です。

 

ランチョンマット1枚敷くことで

  • 美味しそうに見える
  • おもてなし感が出る

それによって食事の満足度が上がるのであれば、積極的に取り入れたいです。

布製ランチョンマットお手入れ方法

とはいえ、布製ランチョンマットは汚れてしまうとお手入れが面倒だな…と思われる人もいるのではないでしょうか?

 

そんな方には、使い終わったら手洗いして干す方法をオススメします!

 

確かにプラスチックのランチョンマットのサッと拭けばOKという手軽さから比べれば手間はかかりますが、布巾を洗うのと同じ要領ですし、気にならなければ台所用洗剤で洗ってもOK!

 

この時期ならエアコンの下に干しておけば加湿にもなるので一石二鳥です。(見栄えはあまりよくないですが…)

 

お気に入りのランチョンマットを見つけて楽しいおうちご飯生活を送りたいと思います♪

 

そしていつかこの憧れのランチョンマットをお迎えしたい(2~3年悩んでいる)

 

▼ブログ村 オススメ記事▼

テーブルコーディネート

季節の器