お部屋美人

お部屋美人

そうじはお家のスキンケア

#そうじはお家のスキンケア はじめます

スポンサーリンク

このブログのキャッチフレーズとして「そうじはお家のスキンケア」というものを掲げてきました。

 

これは、スキンケアをするときの「キレイになれるかも」というワクワクする気持ちと同じように、そうじにもワクワクして貰えたら…という願いが込められています。

スキンケア用品

このキャッチフレーズはお気に入りで、これで何か作りたいと思いつつ良い案が浮かばずに長い間そのままになっていましたが、ようやくその何かが見えてきました。

 

枠組みはできたので粗削りではありますが、「#そうじはお家のスキンケア そうじ法」をはじめたいと思います。

「#そうじはお家のスキンケア」そうじ法

スキンケアとは肌のお手入れのことです。

そうじとは家のお手入れのことだと思うので、「そうじはお家のスキンケア」という言葉を作りました。

先述した通り、スキンケアをしている時のワクワク感を持ってもらえたらなという願いも込められています。

 

なぜ「#」がついているのかというと、キャッチフレーズと差別するため、又、Twitterのタグとして使いたいためです。

 

このそうじ法では、名前の通り、洗顔・化粧水・乳液・スペシャルケアという4つの項目にそうじをなぞらえていきます。

 

毎日、洗顔・化粧水・乳液から1つずつピックアップしてそうじするのが基本ルールです。

状況に応じてそうじ箇所を増やしても良いですが、習慣付けられるように1日1つは必ず行ってください

 

定期的にスペシャルケアをして、汚れがひどくなる前に対処します。

その結果、そうじにかかる手間をどんどん減らしていけるようにしたいと考えています。

 

日常的に洗顔・化粧水・乳液を使って、週1でパックをするなど、この辺りも実際のスキンケアと同じ感覚で行っていきます。

 

では、洗顔・化粧水・乳液・スペシャルケアの内容にうつります。

洗顔

スキンケアのスタートは洗顔であるように、そうじの基本であるホコリとり全般は洗顔に例えました。

洗顔

洗顔に分類されるのは

  • 掃除機
  • 壁や天井のホコリとり
  • 棚などのホコリとり
  • 玄関そうじ
  • 窓ふき

などです。

 

掃除機を毎日かける人は掃除機を除外して、今日は天井のホコリとり、明日は棚、明後日は冷蔵庫の上…というようにローテーションしていくと全体がキレイになって良いと思います。

化粧水

化粧水は、水垢などの水関連のものです。

化粧水

 

  • お風呂場
  • やかんの白いカルキ汚れ
  • キッチンの流し
  • 洗面台のガラスに飛んだ水しぶき
  • 窓ふき

このようなものは化粧水に分類されます。

「これはこうでなければいけない」という決まりごとではないので

 

例えば、

洗顔に窓ふきがありましたが、あちらはホコリとりカウント。

化粧水の窓ふきは水拭きなど、分類は自由に決めてOKです。

乳液

乳液は、油汚れなどの油関連のものです。

乳液

  • キッチンの油跳ね
  • 五徳
  • やかんや鍋の油汚れ
  • 指紋
  • 窓ふき

 

ここでも窓ふきが出てきました。

乳液の場合の窓拭きは新聞紙を使った窓ふきです。

新聞紙を使った窓ふきは、新聞紙の油分で窓の汚れを落としピカピカに仕上げるので乳液カウントとなります。

 

このように、同じそうじ箇所でもそうじ法を変えれば項目を変えられます。

もちろん項目を固定してもOKです。

 

新聞紙を使った窓ふきの詳細はこちらから▶ぞうきん&バケツ不要のカンタン窓ふきと念入り仕上げ

スペシャルケア

スペシャルケアは、日常的にするものではないけれど定期的にやらなくてはいけないものです。

パック

  • カーテン
  • 換気扇
  • エアコンフィルター

などの大物でも良し。

おそうじ石鹸スライムを使ってパックするものをスペシャルケアとするも良し。

ヤカンの白い水垢をスペシャルケアとカウントするも良し。

 

連想ゲームのように、好きなようにカウントして楽しむそうじ法として使っていきたいと思っています。

 

▼スライム&ヤカンの水垢とりはこちらから▼

おそうじ石鹸スライム(「そよ風」を使ったプリン状石鹸)の作り方・保存方法・使い方 

クエン酸で電気ケトルもやかんもピカピカに

なぜ4項目の内容を固定にしないのか

初めは内容を固定してピックアップすれば良いだけにしようと思いましたがやめました。

固定にすれば何も考えずにそうじが出来る利点もありますが、それ以上に決めないことによって得られるものが多いと思いました。

よごれの種類や掃除道具の知識を深められる

 固定しないことによって、よごれの種類や掃除道具の知識を深められると考えました。

ひらめき

私自身、そうじが出来なかった理由に何のよごれで何が効果を発揮するのか分からなかったというのがあります。

この汚れがアルカリ性なのか酸性なのか分からない。だからアルカリ性の洗剤を使うべきなのか、酸性の洗剤を使うべきなのか分からない。

手元にある適当な洗剤を使ってみても汚れは落ちない。やっても落ちないから面白くない。やりたくない。という、悪循環に陥りました。

 

その経験から、汚れの性質を知ることが大切だと学びました。

自分にあったそうじ法を探せる

私は、自分のお肌に合ったスキンケアを選ぶように、そうじアイテムも自分に合ったものを探して楽しんで欲しいと思っています。

ほうきがけ

自分が使っていて楽しくなるそうじアイテムを知っていますか?

様々な用途に使える物が好きなのか、色々な洗剤を取り揃えて使いこなすのが楽しいのか。

ずっと同じものを使い続けていきたいのか。新しいものが出たら試してみたいのか。

 

毎日行うことを楽しむことは生活の知恵です。

同じ時間、同じことをするなら楽しく行う方がいいですよね。

どんな家でも対応できる

家の作り、間取り、家族構成、生活時間、全て同じ人はいません。

それでも同じように使えるものにするにはあまり決めすぎない方がアレンジしやすいと考えました。

家

ゆくゆくは自分の使いやすいように固定にしてもOKですが、最初はあまり決めすぎずに始めてみてください。

連想ゲームで脳トレ

オマケ程度ではありますが、連想ゲーム感覚で楽しみながら脳トレもできます!

パズル

ジャンル分けで脳を使い、そうじで体を動かします!

このそうじ法で心と身体の健康もキープするという一石二鳥使用となっております。

(※今考えただろ!という突っ込みはご容赦ください)

4項目のベース

とは言え、1から作るのは大変なので4項目のベースとなるものを載せておきます。

ノート・筆記用具・パソコン

【洗顔】

掃除機・天井壁のホコリとり・玄関そうじ・表札ふき・窓&サッシ拭き・家具のホコリとり・窓ふき

【化粧水】

雑巾がけ・お風呂場・流し・洗面台・トイレ・ヤカン水垢・蛇口・製氷機・窓ふき・五徳・換気扇

【乳液】

キッチン・ドアノブやスイッチの手垢・ヤカン油跳ね・窓ふき・電子レンジ内

【スペシャルケア】

カーテン洗濯・エアコンフィルター・冷蔵庫内そうじ・スライム関連・食洗機・洗濯槽

よごれの種類や洗剤の種類が分からない

Q&A

よごれの種類や洗剤が分からないからジャンルわけできない。という方!

#Twitterお掃除班 というタグがあります。

このタグはそうじについて誰もが気軽に呟ける場が欲しいと思って作ったものです。

分からないこと、アドバイスが欲しいもの、これ良かった!というものなどタグをつけてお気軽にツイートしてください。(ツイートしたいものに「#Twitterお掃除班」と付け加えてツイートすればOKです)

それを見た誰かから、反応が返ってくるかもしれません。

 

その他詳細はこちらから▶#Twitterお掃除班について 

記録して振り返る

メモ

始めたらそうじ箇所の記録を取ります。

しばらく記録してくと自分のそうじのクセなどが見えてきます。

 

同じ場所ばかりそうじしていないか

そうじしていない箇所がないか

そうじ頻度は適切か

 

など、見直し作業をすることで改善点も浮かび上がります。

改善できるものはどんどん改善してより使いやすくしていってください。

Twitterでの使い方

#そうじはお家のスキンケア のタグをつけてツイートします。

それぞれ4項目の頭文字「SKNS」をつけて

 

S 玄関そうじ

K 雑巾がけ

N 電子レンジ内

S 洗面台スライムアタック

 

このようにツイートする形で始めていき、徐々に使いやすいように改善していこうと思います。

ルールおさらいとポイント

ビックリマーク

  • 洗顔・化粧水・乳液から1日1つずつ選んでそうじする
  • 習慣付けのため毎日、洗顔・化粧水・乳液から1つずつ計3つをクリアする
  • スペシャルケアは定期的に行う
  • その日行ったそうじの記録を取り、改善していく

 

洗顔・化粧水・乳液項目は、どんなに小さなものでもOKです。

例えば、

床に落ちているゴミを拾う・テーブルを拭く・ドアノブの手垢を拭く

これでクリアでもOKです!自分のその日の状況に応じて出来るものをピックアップしてください。

とはいえ、無理は禁止です!楽しむためのそうじ法なので、「今日は無理だ!」と思ったら、お休みしましょう!

 

始めていくと、スペシャルケアを抜いた3項目に偏りがでるかもしれません。

そうじ箇所の多い項目は、順番にそうじしていくとそうじ頻度が下がります。

その頻度が適切なのか、2か所ずつこなせばよいのか、他の項目へ移動するのが良いのか、など項目の見直しも行ってください。

 

慣れてきたら、もちろん4か所固定でローテーションしても構いません。

使いやすいように使ってください。

始動します

と、こんな感じで「#そうじはお家のスキンケア」を始動したいと思います。

長々お付き合いいただきありがとうございました!!

 

来年、このそうじ法でもっと楽しく快適にそうじできるようになりますように。