お部屋美人

お部屋美人

そうじはお家のスキンケア

フローリング掃除の救世主ぞうきんワイパーのすすめ!

スポンサーリンク

雑巾ワイパーの使用方法・使用感・フローリングシートとの差など気になる点をご紹介します!

J/C2 ぞうきんワイパー200を購入した理由

  • フローリングワイパーに雑巾をセットしてもうまく力が入らずズッこけてしまう
  • 子どもをおんぶしたままの雑巾がけは難しい
  • 膝が痛むときがある
  • ベッド下の雑巾がけをしたい

このような理由でぞうきんワイパーを購入しましたが、最高です!!

雑巾ワイパーの使い方

開きます

f:id:soujinista:20160520161254j:plain

 

 

雑巾をはさむ

f:id:soujinista:20160520161312j:plain

 

 

雑巾を手前側へ持ってくる(↓横から見たところ)

f:id:soujinista:20160520161329j:plain

 

 雑巾下にある青いバーを持ち上げて

f:id:soujinista:20160520161400j:plain

 

……

………

 

f:id:soujinista:20160520161457j:plain

バチーーーン!!

これで雑巾セット完了!!(と同時に気合も入る!!)

 

使用感

f:id:soujinista:20160520161605j:plain

 

力を入れてゴシゴシできるのでモップの使用感に近いです。

前後どちらに動かしてもひっくり返ることなく雑巾と床が密着しているのはさすが専用ワイパー。

 

フローリングワイパーではこうはいきません。

シート代がもったいない(金額については後述します)と思い、ぞうきんをセットして使用してみましたが、力が逃げてしまい本体がひっくり返ってしまいストレスがハンパなかったです(笑)

階段で使用してみる

f:id:soujinista:20160520161815j:plain

 

柄の長さが邪魔ではありますが使えなくはありません。

 

 

f:id:soujinista:20160520161904j:plain

 

さすがに角は拭き残しがでます。

 

ビフォーアフター

f:id:soujinista:20160520170324j:plain

f:id:soujinista:20160520170824j:plain

ちょっと分かりづらいのですが、きちんと拭けています!!

雑巾ワイパー、サイコー!!

ものすごく良いです!!手軽にササッと雑巾がけができるので部屋のキレイ度がグンとアップします!

雑巾がけをするとキレイになるのは分かっていても

  • 座っての雑巾がけは足腰に負担が大きい
  • 時間がかかる

などのデメリットがなくなります!

 

  • 紐がつけられるのでフックにひっかけて保管できる
  • フローリングシート代が不要になる

なども良いポイントです。特に、フローリングシート代が不要になるのは大きいです。

ランニングコストは意外とバカになりません。

サイコーだけどちょっと困るところもある

  • ぞうきんを挟む部分が固い
  • 本体部分と持ち手の接続部分が固定されている

 

ぞうきんを挟むグリップ部分はある程度固くないと使用中にぞうきんが外れてしまうので、快適な使用感のためだと思って大目に見ましょう。お手頃価格なのでその辺はご愛敬ですね。

 

又、クイックルワイパーのように、本体と持ち手の接続部分が可動するわけではないので、隙間に入れる時は持ち手を回転させる必要があります。

慣れてしまえばそう不便ではないのですが、クイックルワイパーに慣れている人は最初違和感があるでしょう。

 

先ほど少し触れましたが、このジョイント部分が固定されることにより力を入れてゴシゴシと拭けるようになります。

可動式だとジョイント部分で力が分散して本体がひっくり返り、まともに使えません。

 

手で拭くのと同じように力を入れてこすりたい!という気持ちをうまく汲み取ってくれている商品だと感心するばかりです。

フローリング以外にも使用できる

  • 背の高い家具の側面
  • 天井
  • お風呂場の壁や天井(入浴後の水滴取りにも)

取り付けるものを自分で選べるので、好きなように使えるのもぞうきんワイパーの魅力です。

入浴後に水滴を取っておくと、水垢がついたりカビが発生するのを防げますのでオススメです!

年間フローリングシート代を計算してみた

およそ20枚400円のウェットタイプのフローリングシートを1日1枚使うとして

 

1日20円×30日=600円

1ヵ月600円×12カ月=7200円

 

年間7200円浮きます!

 

 実際は1枚で済まないと思うので2枚になれば倍の14400円。3枚ならば21600円!!

これは大きいですよね。

 

ぞうきんも永遠に使えるわけではありませんが、不要になったタオルをぞうきんにすれば最後まで使えてエコですし、お財布にもとっても優しいです。

ぞうきんの良さを最大限に引き出してくれるぞうきんワイパー

倹約しながらお部屋もキレイにできてエコなぞうきんですが、 床のぞうきんがけは足腰に負担になりますし、時間もかかります。中には手であまり触りたくない…という人もいるかもしれません。

そんなぞうきんの悩みを解決してくれるのがぞうきんワイパーです!

繰り返しになりますが

  • ランニングコスト不要
  • 立ったまま使える
  • 力を入れて床を磨いてもワイパーがひっくり返らない
  • 手の雑巾がけより圧倒的に早くキレイになる
  • 体に負担がかからない
  • つまりフローリングワイパーとモップのいいとこどり

 それがぞうきんワイパーです!!

マイクロファイバーをセットして使うと汚れ落ちがとても良いです!

雑巾はただの水ではなく酢水がおすすめ

酢には殺菌・消臭効果があり、フローリングに使用すると光り輝きます

酢プレー(掃除用お酢スプレー)のススメ

当ブログのイチオシ商品

シンク・オイルポット・換気扇・フライパン・カトラリーなどの台所用品から、お風呂場・洗面台などの水回りなど、汎用性の高いお役立ち石鹸です!

換気扇蓋

このように油でべったりの換気扇の蓋もさっぱりキレイになります。

詳細はこちらから▶おそうじ石鹸スライム(「そよ風」を使ったプリン状石鹸)の作り方・保存方法・使い方 

 

Copyright © 2016 お部屋美人 All rights reserved.